アクセスカウンタ

<<  2012年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


相変わらずの久々更新;

2012/10/07 02:13
こんぬつわ。

前回の記事ではなんて言ってたっけ・・・?;


「次回更新は・・・結構先になっちゃうかもテヘペロ♪」


あれから三週間とちょっと・・・w



いつも通りの不定期更新ですw




さて、このブログが更新されたということは、Twitterで伝えるには少々物足りない程度話題があるということで・・・



今日の本題。



デデン!

画像


まあ新しいカメラを買ったという話でしてw


あーあー分かってます分かってますw

「型落ちばっか買って何がしたいんだしwwww」とか言いたいのは分かってますw


まあここまで読んだのなら最後まで付き合って欲しいわけでw

・・・

改めて、今回購入したのは「パナソニック LUMIX G1」。

約四年型落ちのカメラでして、中古でびっくり価格だったので思わず購入。


今、木村カエラがCMでやってる「ミラーレス一眼」(あれはキヤノン製)の先駆けとなったカメラで、当時としては画期的なカメラなんだとか・・・


ちなみに、「一眼レフ」とは呼べないので注意。レフレックス式ではなく、直接撮像素子に被写体を通しているので、「デジタル一眼カメラ」と呼びます^^;


すでにどーでもいーよねっ!w



んでG1の話に戻りますが・・・

よく見るコンパクトデジカメではなく、あくまで「一眼」であるので、レンズは交換式です。よってカメラ本体にズームボタンやレバーの類はありません。レンズをひねって倍率を変えるのです。


画像


続いて裏面。

当時は「女流一眼」というキャッチフレーズをCMで使っていたように、女の人などがコンパクトデジカメ(以下コンデジ)からステップアップするためのカメラという位置づけで、今までの一眼レフカメラに対し、クオリティ<使いやすさを重視したカメラです。

なので液晶画面はフリーアングル。ローアングルの写真も撮りやすいです、が、ファインダーを覗いてこそのカメラだと思っている自分にとってはなくても良い機能・・・w


画像


比較として用意したのは、現時点で最高の性能を持っている同じくパナソニックのFZ7。

三年前の記事で紹介した奴なんですが・・・

「ぶっ壊れるまで使おうと思います!」


テヘペロw


壊れてないよーw


でもFZ7は2006年あたりに出たカメラ。2009年に買ったときも、光学12倍ズームは魅力的だったんだろうなぁ・・・何よりも見た目な気もしますがw


正面から見ると結構似てますね^^
ただ、素子の大きさが違うということもあり、高さはG1の方が高いです;

画像


レンズカバーを外してみました。

FZ7はあくまでコンデジの延長なのでレンズやズーム機構が付いてます。

対してG1はミラーレス一眼の名の通り、撮像素子が丸見えです。一応傷つかないように透明のカバー的なのが付いているようですが、触らない汚さないが一番です^^;


画像


G1にズームレンズとレンズフードを装着しました。

うん、かっこいい、それだけw

画像


ちなみにFZ7にレンズフードと専用アタッチメントを装着。

レンズフードはこっちの方が長いので・・・


画像


全長は上から見るとFZ7(右)の方がG1(左)よりも若干長いです;

本体はG1の方が厚いのに・・・;;


画像


しかしG1のはズームレンズ、テレ端にするとより長く・・・^^


とまあここまでは本体の比較ですが、最後に写りの比較をしてみよ〜^^;


使うのは・・・

画像


LUMIX G1!

画像


G1やFZ7を撮影する際に使用したPENTAX RS1000!

画像


んでFZ7。


まずはFZ7から。
画像


アップロードする際に圧縮がかかってしまっているので、あくまでも大体の雰囲気での比較になります^^;

ちなみに被写体は、QBの鋼鉄姫ユーミル2Pカラー(右)とQBリベリオンの鋼鉄参謀ユーミル(左)です;


とりあえずこれを基準に・・・次はランカメラw

画像


拡大するとよく分かりますが、ランカメラはノイズが酷いです。

ISO感度を上げないとまともに写らなかったので、ランカメラのISO感度「400」を基準に撮影したのですが、FZ7と比べてもこの品質の差・・・ちなみに単純な画素数ではランカメラはFZ7の2倍以上あります;

画素数と画質は違うってことがよく分かるねっ;

(色合いに差があるのは、テレビが反射しているというのもありますが、カメラの元々の特性によるものが大きいので、ここでは触れません。)


さて本命のG1・・・

画像


設定変えちゃってるので全体的に薄い感じですが;

まず注目して欲しいのは撮影できている範囲。


三台ともカメラの鼻先の位置は一定で撮影しているのですが、G1は明らかに台座としている箱よりも左右に広く写ってますよね?

どう考えてもレンズのお陰なのでこれは何とも言えませんが、ワイド端で撮ることも多いのでこれは評価できるポイントかな・・・^^;


そして二つ目は・・・拡大してみてください。

圧縮されているにもかかわらず他の二台と比べてノイズも少ないです・・・!

使用している素子のサイズのお陰でもあり、ノイズ軽減技術もこのG1には惜しげもなく発揮されているのでISO感度「400」は十分使用するに耐えうるクオリティを持っていると思います^^

んで三つ目は、フォーカスです!


ぱっと見分からない人は左下の「メンズビゲン」の文字をよく見てみてください。


G1だけボケてますよね?

絞りの問題なのですが、要するに「狙ったところにしっかりとピントが合っていて、ワイド端でも十分に奥行きが取れている」ってことですね^^

逆に言うと「ワイド端でも背景がぼけてしまい、全体的にピントを合わせる(平面的に撮る)のが苦手」なのかもしれません。

(FZ7のワイド端F値は2.8。ランカメラは3.2。対してG1は3.5。よくよく考えてみると、G1の背景だけボケるのはあたりまえのことですよね・・・ゴメンナサイ;)
↑のは間違ってましたね;
F値は小さい方が被写界深度は浅くなるので、ぼやけるはずなのですが、何故かF値が一番大きいG1が一番ぼやけた・・・何故・・・;;


・・・


さて、知ったかぶって色々書きましたが、一言で言うならば「買って良かった!」ですかね^^;望遠レンズやもう少し明るめのレンズを欲してしまったりするんでしょうか・・・w


とりあえず、今回はこの辺で。
次回はいつ更新できるかな・・・^^;


========================

こめへん!

>風見鶏さん

自分には何が不便なのかは分かりませんが・・・頻繁に弄るところなのかすら知らないOrz


---------------------------------------------


それでは。
ゆーみるかわいいよゆーみる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2012年10月のブログ記事  >> 

トップへ

当ブログのバナー

画像

メールフォーム

相互リンク申請、リクエスト、ご意見、ご感想などは、こちらへ。
白玉楼の大広間 2012年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる